本文へスキップ

九州テレコム振興センター(KIAI)は内閣府認可の非営利型一般社団法人です

TEL. 096-322-0120

〒860-0016 熊本県熊本市中央区山崎町66番7号

会員向けWebマガジンKey−Eye

Key−Eyeとは?
 これからの九州の情報化推進に向け、ひとつの「鍵(Key)」となる、あるいは新たな「視点(Eye)」となる話題を提供していこうとする思いを込め、「Key-Eye」というネーミングにさせていただきました。

◆Key-Eyeあるメッセージ(ICT分野有識者による全4回のコラムを掲載)

2018年度執筆者「尾家 祐二 氏」
国立大学法人 九州工業大学 学長

2018年度からスタートした「Key-Eyeあるメッセージ」の最初の執筆者である尾家様からいただいた第二回のコラムは「情報の時代をいち早く想像した人たちから学ぶこと」、をテーマとして寄稿いただきました。

[記事全文はこちらから]

*Key−Eyeあるメッセージのバックナンバーはこちら

◆Key-Eyeあるトピックス(全国各地の様々なICT分野のトピックスを掲載)

「甲田 恵子 氏」
株式会社AsMama(アズママ)代表取締役 CEO


市民協働による多様な子育てニーズに対する支援と併せ、当該分野における地域人材活用の両立も図っていく「子育てシェア」の取り組み概要についてご紹介していただきました。

[記事全文はこちらから]

*Key−Eyeあるトピックスのバックナンバーはこちら

◆Key-Eyeある人(ICT分野で活躍されている産学官関係者の熱い思いを掲載)

「荒木 賢二 氏」
宮崎大学医学部附属病院医療情報部 医学博士

医療情報の地域連携と医療情報の2次利用を合体させた「千年カルテプロジェクト」に取り組んでおられる荒木様の熱い想いを投稿していただきました。

[記事全文はこちらから]

「坂本 好夫 氏」
公益財団法人九州先端科学技術研究所
オープンイノベーション・ラボ イノベーション・アーキテクト


BODIKオープンデータセンターでの取り組みを通じ、データを活用した豊かで活力のある地域社会の実現を目指しておられる坂本様の熱い思いを投稿していただきました。

[記事全文はこちらから]

*Key−Eyeある人のバックナンバーはこちら

◆Key-Eyeあるまちづくり(九州でのICTを活用した様々な地域づくりをご紹介)

「株式会社くまもとDMC」
常務取締役 CMO 兼 TOURPLAZA KAMITORI総支配人
外山 由惠 氏
 

熊本地震から観光による創造的復興を目指し、熊本県における「観光地域づくりのかじ取り役」として戦略的に観光地づくりを進めている(株)くまもとDMC様の熱い思いを投稿していただきました。

[記事全文はこちらから]

*Key−Eyeあるまちづくりのバックナンバーはこちら

【主要活動報告(平成30年5月〜平成30年7月】

                   
非常通信セミナー 他3件

[詳細はこちらから]

*主要活動報告のバックナンバーはこちら

【ICT関連データ】


 各種統計データ


【編集後記】

突然、唐突な話題で大変恐縮ですが(笑)、当たりクジが1個だけ入った全部で10個のクジがあったとすると、「10回クジを引けば1回ぐらいは当たるはず」、といった考え方は果たして大丈夫でしょうか?KIAIが行っているデータ分析研修ではこんな話題から入っていくことも多いのですが、データ分析の世界とは、実はこのように何らかの確率を導き出していく、ということがその多くを占めています。これは人間における様々な行動判断の根拠においてもある程度同様だとは思います。ただ、我々はどちらかといえば、知りたい事象自体の確率を計算しがちですが、データ分析においては、知りたい事象ではなくその逆の事象の確率を求めたうえで検証していく場合が多いのです。こういった「〜ではない確率」という発想は、実は我々の日常生活の中に取り入れてみると、意外と有益となる場合もあるかもしれません。例えば、うまくいく確率ではなく、うまくいかない確率の方から考えてみる、といったような考え方です。これからの高度情報化社会を生き抜いていくためには、単に分析スキルを身につけていく、ということだけでなく、データ分析スキル自体を自身の様々な行動、発想等にも具体的に応用していく、といった点も重要なのかもしれません。昨今の異常気象の関係なのか、自然災害が頻繁化し、皆様ご承知のように今年も大きな災害が生じています。まさに災害が起きる確率ではなく、起きない確率といった発想を普段から持っておくことが大切なのかもしれませんね。ただ、今年の大変厳しい猛暑、酷暑の中、個人的にビールを飲まなくても済む確率は依然として低いままですが(笑)。

*これまでの編集後記


バナースペース

九州テレコム振興センター
(KIAI)

〒860-0016
熊本県熊本市中央区
山崎町66番7号

TEL 096-322-0120
FAX 096-322-0186

スマートフォン版